ピンセットで毛を抜くとどうなるか(その1)

むだ毛をケアするときに、ピンセットを利用する人が多く見受けられます。

脱毛機などと違って簡単に入手できますし、使用するのに特別な知識やスキルも必要ありません。

その手軽さから広く普及している方法ですが、実は毛穴トラブルを招くことが多いので注意が必要です。

具体的には、毛穴の中に毛が埋没してしまうケースなどがあります。
埋没した毛は成長を続けることがありますが、いくら伸びても表面に出てくることはありません。
渦巻きを描く蛇のように伸び続けてしまいます。

皮膚の下に薄く黒い筋が見えているなら、それは埋没した毛である可能性があります。
ずっと埋まり続けるわけではなく、しばらくすると老廃物として排出されることが多いです。

ただし新陳代謝が順調でなければ、しつこく残ってしまって毛穴トラブルにつながる場合があります。
それを考慮するとピンセットの利用は、いくら手軽でもリスクが大きいと言わざるを得ません。

その箇所に炎症が生じることもあるなど、危険な行為なのでやめましょう。