個人経営の脱毛サロンのメリットとデメリット

脱毛サロンはチェーン展開している大手を思い浮かべがちですが、個人経営の小規模な店舗もあります。

個人経営の店舗だと、メリットは技術力の高さです。

大手の脱毛サロンは教育システムがしっかりとしているとはいえ、経験不足なスタッフも少なくありません。

脱毛の施術は機械を操作するスタッフの技術によって効果が変わったり、痛みが強くなったりします。

しかし個人経営の店舗だと、オーナーはさまざまな店舗で技術を磨き経験と知識を積み重ねてから独立しています。

そのため技術力が非常に高く、安心して施術を受けられるでしょう。

個人経営の店舗だと、メリットは勧誘の少なさにもあります。

大手脱毛サロンには契約にノルマがあるので、高額なコースや化粧品などを勧誘してきます。

しかし個人経営の店舗だとノルマがないので、強引な勧誘はしません。

勧誘されると断りづらい女性も、個人経営の店舗だと安心感があるでしょう。

その他のメリットは、予約の取りやすさです。

個人経営の店舗だと、オーナーや数少ないスタッフが対応できるお客様の数だけ予約を受け付けます。

そのため施術中に急かされるような感覚がなく、リラックスしながら受けられるのはメリットです。

これらのメリットがある個人経営の店舗ですが、もちろんデメリットはあります。

気になるデメリットは、料金が割高なことです。

大手は大量仕入れなどスケールメリットがあるため、料金を低く抑えることができます。

なかにはワンコインで脱毛できるキャンペーンを頻繁に実施している大手サロンもあり、気軽に始められるでしょう。

しかし個人経営の店舗だと大量仕入れなどのスケールメリットを活かすことができないので、料金は大手に比べると割高になります。

キャンペーンを使いながら安く脱毛したい女性には、気になるデメリットです。

個人経営の店舗には大手にはないメリットがいくつもありますが、料金は高めなのでサービス内容と比較しながら検討しましょう。