永久脱毛はどうしてなくなったの?

今年も残すところ後り344日ですね。

永久脱毛と言えば医療レーザー脱毛や電気ニードル脱毛の施術が挙げられますが、どちらもムダ毛を再生する組織に大きなダメージを与えるのでムダ毛が生えてこなくなります。

電気ニードル脱毛は、毛穴に1個1個細い針を差し込んで電気によるダメージを与えるので施術時間がかかり費用も高額なため、対応するエステサロンや美容クリニックは少なくなりつつありますがなくなった訳ではありません。

そして永久脱毛の定義は最後に脱毛の施術を受けてから1ヶ月が経過したときに、ムダ毛が再生する確率が20パーセント以下の脱毛の施術であることと定められています。

しかし、永久脱毛と言えば永遠にムダ毛が生えてこなくなるというイメージが強いので照射漏れなどのリスクがある医療レーザー脱毛の施術を提供していた美容クリニックは、永久脱毛と言う表現を避けている場合が少なくありません。それが永久脱毛が、なくなったように感じる原因になっていることが考えられます。